早稲田大設立のVC、バイオスタートアップ支援は医工連携・スポーツ科学分野を検討

 早稲田大学は2022年4月、同大として初のベンチャーキャピタル(VC)を設立する。同大発スタートアップなどの支援を目的としており、1号ファンドは最大100億円規模の予定。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)