Novartis社と米Alnylam社、肝機能回復を促すsiRNA治療薬を創製へ

 スイスNovartis社は2022年1月6日、米Alnylam Pharmaceuticals社と末期肝疾患患者の肝細胞の機能を回復させるsiRNAベースの治療薬を開発すると発表した。3年間の独占的協力契約を結び、Novartis社のBioMedical Research研究所(NIBR)で同定された肝臓特異的標的に、Alnylam社のsiRNA技術を組み合わせる。同標的を阻害することで肝細胞の増殖を促進するsiRNA治療薬が開発されれば、肝不全患者に対して肝移植に代わる治療を提供すると期待される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)