CureAppが慢性心不全向け治療用アプリを開発へ、数年内の実用化目指す

 CureApp(東京・中央、佐竹晃太代表取締役社長)は2021年12月27日、慢性心不全に対する治療用アプリの開発に着手したことを発表した。同アプリは、心不全の在宅診療などを手掛ける医療法人社団ゆみの(東京・豊島)と共同で開発する。同社は同アプリの承認取得と、数年以内の実用化を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)