ARThamと科研製薬、導入契約ではなく買収に至った理由は

 科研製薬は2021年11月30日、武田薬品工業発の創薬スタートアップであるARTham Therapeutics(横浜市中区、長袋洋CEO)を最大127億円で買収すると発表した。ARThamが保有する皮膚科領域および形成外科領域のパイプラインの開発を引き継ぐ他、ARThamのドラッグリポジショニングに関する技術を自社化合物の再評価にも活用する考えだ。契約に至った経緯などについて、2021年12月23日、科研製薬の田邉芳男取締役および綿貫充研究開発本部長、ARThamの長袋洋CEOにインタビューした(聞き手は野村和博)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)