日東電工、自社のLNPとaceRNAの基盤技術活用しmRNA医薬を開発へ

 日東電工は、2021年12月20日、スタートアップのaceRNA Technologies(京都市左京区、進照夫社長)の基盤技術を活用したmRNA医薬の実用化へ向け、同社と共同開発契約を締結したと発表した。同時に、aceRNAは日東電工などからシリーズBの資金調達を実施したことも発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)