京都iCAP、京大発医薬品開発ベンチャーの米Digestome社に100万ドルを投資

 京都大学イノベーションキャピタル(京都市左京区、楠美公[くすみ・こう]代表取締役、以下京都iCAP)は2021年12月21日までに、食品由来ペプチドを医薬品として開発する米Digestome Therapeutics社(米国カリフォルニア州、Ken Horne President、以下Digestome社)に100万ドル(約1億円)を投資した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)