GHIT、顧みられない熱帯病、住血吸虫症治療薬の小児用製剤の開発にメド

 顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases:NTDs)の1つである住血吸虫症に対し、初の小児用製剤が実用化しそうだ。開発途上国向けの治療薬開発などを支援している公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)は、2021年11月、国際的な官民連携組織である小児用プラジカンテル・コンソーシアムがアフリカで実施していた住血吸虫症治療薬の小児用製剤(一般名:Arpraziquantel)の第3相臨床試験で、有効性、安全性ともに良好な結果が得られたと発表した。GHIT Fundが支援してきたプロジェクトで、治療薬の開発に成功したのはこれが初めて。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)