三井化学、バイオマスナフサからのプラスチック製造を開始

 三井化学は、カーボンニュートラル社会の実現に向けてプラスチックのバイオマス化を進めるため、バイオマスナフサからのバイオマス誘導品の生産を開始すると、2021年12月14日に発表した。世界有数のバイオマス燃料メーカーであるフィンランドNeste社が製造したバイオマスナフサ3000tが三井化学大阪工場に到着し、石油化学コンビナートのエチレンプラント(ナフサ分解工場)への投入を開始した。バイオマスナフサの日本への荷上げは今回が初めてという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)