米研究者、アルツハイマー病にバイアグラが効く可能性

 勃起不全や肺高血圧症の治療薬として承認されているホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬のシルデナフィル(商品名バイアグラ、レバチオ他)が、アルツハイマー病(AD)に効く可能性があると報告された。米Cleveland Clinic Genomic Medicine InstituteのFeixiong Cheng教授らの研究チームが開発したin silico解析技術により見いだされた。同研究成果は、2021年12月6日のNature Aging誌のオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)