JSRのライフサイエンス事業、CDMO中心に中期計画をしのぐ勢い

 JSRは2021年12月8日にライフサイエンス(LS)事業の説明会を開催した。2021年5月に祖業である合成ゴムの製造・販売を含むエラストマー事業の売却を決め、2024年度を最終年度とする中期経営計画ではデジタルソリューション事業とライフサイエンス事業をコア事業と位置付けるとした。2024年度にROE(自己資本利益率)10%、コア営業利益600億円以上として過去最高益を更新することを目標に掲げていたが、その柱の1つであるLS事業についてJSR Life SciencesのTim Lowery Presidentは「目標達成は射程圏内にある」と胸を張った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)