京大とバイオ企業3社、がん個別化医療のシステム作りで共同研究開始

 京都大学とバイオ企業3社の研究チームは2021年12月6日、新たながん個別化医療の開発を目的とした共同研究を始めるとして、記者会見を開いた。3社は細胞ソーティング技術を持つAFIテクノロジー(京都市左京区、円城寺隆治代表取締役社長)、がん細胞のスフェロイド培養技術を持つ京ダイアグノスティクス(京都市左京区、小西一豪代表取締役)、培養細胞のイメージング技術を持つSCREENホールディングス。京大と3社が協力し、患者由来のがん細胞に対してより有効性の高い抗がん剤をスクリーニングする個別化医療システムの構築を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)