米Vertex社、APOL1介在性FSGS対象のVX-147第2相で好結果

 米Vertex Pharmaceuticals社は2021年12月1日、アポリポ蛋白質L1(APOL1)遺伝子の変異に起因するAPOL1介在性の巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)患者を対象とした第2相臨床試験で、経口APOL1阻害薬VX-147の蛋白尿改善効果が示されたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)