理研、コロナウイルスRNA分解低分子化合物を複数創製、臨床入り目指す

 理化学研究所開拓研究本部・肝がん予防研究ユニットの古谷裕上級研究員(東京慈恵会医科大学訪問研究員)、前田瑞夫ユニットリーダー、松浦知和客員主管研究員(東京慈恵会医科大学教授)らの共同研究チームはこのたび、新型コロナウイルスゲノムRNAに対して分解作用を持つ化合物のスクリーニング系を開発し、ウイルス増殖抑制作用を持つ低分子化合物を複数新たに創製した。化合物群の基本骨格は、中外製薬が以前に論文報告していたインターフェロン(IFN)α/β受容体アゴニストで、IFNが持つRNA分解促進効果を低分子で誘導する。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)だけでなく他のウイルスへの応用も期待できそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)