KMバイオロジクスの永里敏秋社長に聞く

 2018年7月に化学及血清療法研究所(化血研)の主要事業を承継し、明治ホールディングス(HD)の連結子会社となったKMバイオロジクス(熊本市)。新型コロナワクチンの追加接種向けに不活化ワクチンを2022年に供給を開始すべく準備を進めている。開発状況や日本のワクチン産業について永里敏秋社長に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)