補正予算、ワクチン研究開発に各省が基金を造設

 政府は2021年11月26日、今年度の補正予算案を決定した。6月に閣議決定したワクチン開発・製造戦略に基づく取り組みを実施するため、補正予算案では日本医療研究開発機構(AMED)などに大型基金を造設する。経済産業省が2273億円を投じてワクチンおよび部材の製造拠点、製剤化拠点を整備するなど、手厚い予算が投入されることになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)