島津製作所、2022年1月から3次元培養基材「HYDROX」の提供開始へ

 島津製作所は2022年1月から、独自開発した三次元培養向けの培養基材「HYDROX(ハイドロックス)」の提供を始める。同社は2021年11月26日に記者会見を開催し、基盤技術研究所バイオインダストリーユニットバイオグループの松井勇人氏が、HYDROXの特徴などを説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)