メディネット、パイプラインの拡充で業績回復図る

 特定細胞加工物製造受託(CMO)や再生医療等製品/治験製品の開発・製造受託(CDMO)などを手掛けるメディネットは、2021年11月25日、2021年9月期の決算説明会を開催した。売上高は6億8300万円(前年同期比12.8%減)、営業損失は10億8000万円(前年同期は営業損失9億2600万円)。2021年まで3年間の経営計画の中でパイプラインを拡充させたことなど、今後の成長性を強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)