米Mount Sinai、多発性骨髄腫の分子遺伝学情報の総体的理解に患者分類手法を構築

 米Mount Sinai Health Systemは、2021年11月17日、多発性骨髄腫(MM)の分子病態を遺伝情報から網羅的に解析するマルチオミクスの手法を用い、新たな計算モデルを開発したと発表した。Mount Sinai Tisch Cancer InstituteのSamir Parekh氏らの研究チームが、 2018年に発表した患者分類ツール(Patient Similarity Networks:PSNs)をMMに応用した研究成果で、同日、Science Advances誌のオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)