TAKEO、山形県内3社と地元名物コオロギスナックを開発

 食用昆虫の開発・販売を手掛けるTAKEO(東京・台東、齋藤健生代表取締役CEO)は2021年11月19日、山形県産の食用コオロギを使った昆虫食製品を発売した。山形県産コオロギの煮干しに、同じく同県産のマッシュルームとニンニクを合わせ、うまみの強い味わいに仕立てた。同社は国内各地の食用昆虫を、地域の特性を生かして加工した製品を多数販売しており、昆虫食を通した地域振興に取り組んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)