英AZ社、心不全のmRNA医薬が左室駆出率改善など有効性の兆候

 英AstraZeneca(AZ)社は2021年11月15日、米Moderna社と共同開発中のmRNA医薬(開発番号:AZD8601)について、心不全患者に対する第2a相臨床試験(EPICCURE試験、NCT03370887)で有効性指標の改善傾向が認められたと発表した。同日、米国心臓協会(AHA)科学会議で試験データが発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)