セルソース、「エクソソーム療法の臨床研究を3年以内に開始したい」

 血液から多血小板血漿(PRP)を作製し、さらに成長因子を濃縮して成分を高めた「PFC-FD」や脂肪由来幹細胞(ASC)の加工受託サービスを手掛けるセルソースは、エクソソームを疾患の治療に応用する研究を進めている。2021年9月21日、セルソースの裙本理人代表取締役社長CEOと、エクソソーム事業部長の山木琢生氏が、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)