スイスLonza社、エクソソームの開発製造受託へ相次ぎ投資

 スイスLonza社が、エクソソームの開発製造受託(CDMO)へ投資を活発化させている。2021年11月2日、Lonza社は米Codiak BioSciences社の製造施設など一部資産と、イタリアExosomics社の研究拠点など一部資産を取得すると相次いで発表した。今後Lonza社は、取得した資産を活用し、エクソソームを単離・精製したり、解析・特性評価したりする開発製造受託(CDMO)サービスを拡大させるとみられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)