米Genentech社、米Novome社の技術で慢性腸疾患の生菌医薬を開発へ

 スイスRoche社傘下の米Genentech社と米Novome Biotechnologies社は、2021年11月10日、慢性腸疾患を対象とする生菌医薬の共同開発とライセンス契約を締結したと発表した。Novome社が保有する微生物の遺伝子改変基盤技術「Genetically Engineered Microbial Medicines:GEMMs」を活用し、炎症性腸疾患(IBD)などを対象に複数年契約で協力する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)