ペルセウスプロテオミクス、自社開発中の抗TfR抗体は第1相終了後に導出活動へ

 2021年6月にマザーズに上場したペルセウスプロテオミクスは、2021年11月15日、2022年3月期第2四半期の決算説明会をオンラインで開催した。横川拓哉代表取締役は、2021年9月から真性多血症の患者を対象とした第1相臨床試験を開始した抗トランスフェリン受容体(TfR)抗体(開発番号:PPMX-T003)について、第1相臨床試験の結果が出次第、導出活動を本格化させる方針を明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)