米Northwestern大学、パーキンソン病はミトコンドリアの異常で発生することを示唆

 米Northwestern University医学部の研究者たちは、マウスモデルの脳にintersectional geneticsを適用し、黒質のドーパミン作動性ニューロン中のミトコンドリア複合体I(Mitochondrial Complex I:MCI)を破壊したところ、ヒトのパーキンソン病(PD)の進行と同様の経過をたどるPDモデルが得られたと発表した。また、レボドパ抵抗性となったモデルマウスに遺伝子治療を行い、レボドパをドーパミンに変換する酵素を送達したところ、レボドパ投与による症状の軽減を見られたという。研究の詳細は、2021年11月3日にNature誌電子版で公開された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)