平手晴彦氏に聞く、「武田薬品での10年間の大改革を振り返って」

 2010年から2020年まで、10年間にわたって武田薬品工業のコーポレートオフィサー(執行側の役員)を務め、長谷川閑史(やすちか)元会長、Christophe Weber現社長CEOによる改革をサポートしてきた平手晴彦氏に、武田薬品での10年間を振り返ってもらった(聞き手は橋本宗明、以下談話)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)