米研究者、低分子薬とncRNAの相互作用で前立腺がんを克服するアプローチ

 アンドロゲン除去療法(ADT)が効かなくなった去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)に有力な治療アプローチが提唱された。米Washington University School of Medicineと米Siteman Cancer Centerなどの共同研究チームが、アンドロゲン受容体(AR)の抑制因子である長鎖ノンコーディングRNA(lncRNA)を復活させる低分子薬を開発し、lncRNAと低分子薬の相互作用を活用した治療様式の合理性を発表した。同研究成果は、2021年11月5日のCancer Research誌のオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)