スタートアップ3社、バイオマスプラ・生分解性プラで家具を3Dプリント

 商業施設や飲食店などのデザインやコンサルティングを手掛けるNOD(ノッド、東京・渋⾕、溝端友輔代表取締役CEO)、バイオプラスチックの製造販売を手掛けるネクアス(福井県坂井市、⾓⾕雅和代表取締役)、3Dプリントコンサルティングなどを手掛けるBoolean(ブーリアン、福岡県北九州市、濵﨑トキ代表取締役)の3社は、バイオプラスチックで大型家具を製造するプロジェクトを進めている。これまでに卵の殻、コーヒーかす、酢酸セルロースを原料とした椅子や机を製造し、実証実験として民間施設に導入したり、展示会を開いたりしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)