第一三共、業績好調で通期見通しを上方修正

 第一三共は2021年10月29日、2022年3月期(2021年度)第2四半期の決算発表を行い、説明会を開催した。2021年度上半期(4-9月)の売上収益は前年同期より10.4%増加の5300億円で、コア営業利益は同41.7%増の827億円、営業利益は同44.9%増の847億円、親会社の所有者に帰属する当期利益は同20.9%増の625億円だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)