電場にさらされたショウジョウバエは睡眠の質と寿命が改善される

 公益財団法人・国際科学振興財団内にある時間生物学研究所の、川﨑陽久(はるひさ)専任研究員と石田直理雄(のりお)所長らの研究チームは、ショウジョウバエを電場にさらすと寿命の延長や睡眠の改善が起こったとする研究成果を発表した。古くから、電場と健康の間には関係があると考えられており、国内でも電場を発生させて体に作用させる「電位治療器」が薬機法で認証されている。頭痛・肩こり・不眠症・慢性便秘の緩和効果が認められているが、作用のメカニズムは分かっていない。今回の研究では、新たに電場の受容体も発見され、電位治療のメカニズム解明に役立つかもしれない。論文は2021年10月15日、Scientific Reports誌でオンライン公開された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)