EMBLなど、抗菌薬が腸内細菌叢に与える害を減らすアプローチを提示

 EMBL(欧州分子生物学研究所)の研究者たちは、一般的な腸内細菌27種に対する抗菌薬144剤の影響を分析し、使用頻度の高い抗菌薬が静菌作用のみならず殺菌作用も持つこと、殺菌作用を弱める方法として、非抗菌薬を併用する方法が有望であることなどを示した研究結果をNature誌電子版に2021年10月13日に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)