mRNAワクチン接種後のアナフィラキシーはIgE抗体を介さない

 米国Stanford大学のChristopher Michael Warren氏らは、SARS-CoV-2に対するmRNAワクチン接種後にアレルギー反応を起こしたと考えられる22人を対象に、皮膚プリック検査、好塩基球活性化試験、ポリエチレングリコール(PEG)に対するIgEとIgG抗体検査などを行い、ワクチン接種後のアナフィラキシーに関する考察を行い、この反応にはIgE抗体が介在していないようだと報告した。結果は2021年9月17日のJAMA Network Open誌電子版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)