中外製薬、オンコリスとのテロメライシンのライセンス契約を解消へ

 中外製薬とオンコリスバイオファーマは2021年10月19日、がんウイルス療法製剤であるテロメライシン(OBP-301)のライセンス契約を解消することで合意したと発表した。2019年4月の契約締結時には最大500億円以上のライセンス料となる大型契約として注目されたが、契約は解除されることになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)