厚労省、再生医療新法の対象範囲をin vivo遺伝子治療などに拡大へ

 2021年10月8日、厚生労働省は「第5回再生医療等安全性確保法の見直しに係るワーキンググループ」を開催し、2020年4月からの検討結果を取りまとめた。同ワーキンググループでは、再生医療等安全性確保法(再生医療新法)の対象を拡大し、新たにin vivo遺伝子治療などを含める方針などが了承された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)