米Intellia社と仏SparingVision社、CRISPR/Cas9ベースの眼疾患遺伝子治療の開発で協力

 in vivoとex vivoでのCRISPR/Cas9システムを用いたゲノム編集技術の治療応用に取り組む米Intellia Therapeutics社と、視力維持を可能にするゲノム医療を開発しているフランスSparingVision社は2021年10月13日、眼疾患を対象とするCRISPR/Cas9システムを利用した新しいゲノム編集療法の開発を目指して、戦略的に協力すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)