イスラエルProtalix社など、ファブリー病治療薬の承認獲得に向けFDAと協議

 イスラエルProtalix BioTherapeutics社とイタリアChiesi Farmaceutici社の事業部門である米Chiesi Global Rare Diseases社は2021年10月11日、ファブリー病治療薬候補「PRX-102」(pegunigalsidase alfa)の承認獲得に向けた取り組みの進捗状況を明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)