専門家に聞く、元理研の高橋氏によるRPE細胞特許の裁定請求をどう見るか?

 「私達にも他家iPS細胞由来RPE細胞を開発させてほしい」──。理化学研究所元プロジェクトリーダーの高橋政代氏が社長を務めるスタートアップのビジョンケア(神戸市中央区)とVC Cell Therapy(神戸市中央区)は、2021年7月、網膜色素上皮(RPE)細胞の製造方法の特許(特許第6518878号)について、「特許発明の実施が公共の利益のため特に必要である」として、経済産業大臣に通常実施権の設定を求める裁定を請求した。そもそも裁定請求とは何か、今後の争点はどこになるのか。日本弁理士会バイオ・ライフサイエンス委員会の委員長を務める辻丸国際特許事務所の南野研人弁理士に聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)