米Veracyte社、鼻咽頭スワブ検体を使った肺がんの早期診断で新規データ

 米Veracyteは、2021年10月11日、同社の非侵襲的な鼻咽頭スワブ検体を利用した遺伝子検査(Percepta Nasal Swab test)について、拡大した臨床的な精度検証データにより、肺小結節を有する患者の肺がんリスクを医師がより正確に評価する能力が高められたと発表した。現喫煙者または喫煙経験者、すでに他のがんがある患者において、肺小結節の大きさとがんの病期に関わらず、高い臨床成績が得られることも示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)