住友化学、ゲノム編集療法向けに臨床グレードのgRNAを量産へ

 住友化学は、2021年10月4日、CRISPR/Casを使ったゲノム編集療法向けに臨床グレードのガイドRNA(gRNA)を量産する技術を確立したと明らかにした。合わせて、大分工場(大分県大分市)に、ガイドRNAやsiRNAなど核酸医薬の原薬を製造するプラントを新設することも発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)