日立、環境・ヘルスケア分野で166億円規模のCVCファンドを設立

 日立製作所(以下、日立)は2021年10月4日、子会社のドイツHitachi Ventures社が第2号のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンドを設立することを発表した。同ファンドでは、環境・ヘルスケア分野のスタートアップを中心に、1億5000万ドル(約166億円)を投資する。基本的には欧州・米国のスタートアップを対象にするが、投資判断の基準に合致すれば、国内のスタートアップも投資の対象にするという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)