2021年ノーベル化学賞は「不斉有機触媒」、抗体触媒から発展

 スウェーデンRoyal Swedish Academy of Sciencesは2021年10月6日、2021年ノーベル化学賞を、ドイツMax-Planck石炭研究所のBenjamin List所長と米Princeton UniversityのDavid MacMillan教授の2人に授与すると発表した。授賞対象の業績は「不斉有機触媒の開発」。不斉有機触媒とは、光学異性体(鏡像異性体)のうちの特定の光学活性体を不斉合成する反応を触媒する有機低分子化合物。医薬品から太陽電池(太陽光発電パネル)の素子まで、幅広い用途がある光学活性体の工業生産に寄与する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)