高橋政代氏に聞く、なぜRPE細胞特許の裁定請求に至ったのか

 理化学研究所元プロジェクトリーダーの高橋政代氏が社長を務めるスタートアップのビジョンケア(神戸市中央区)とVC Cell Therapy(神戸市中央区)は、2021年7月、網膜色素上皮(RPE)細胞の製造方法の特許(特許第6518878号)について、特許法第93条第2項に基づき、「特許発明の実施が公共の利益のため特に必要である」として、経済産業大臣に通常実施権の設定を求める裁定を請求した。なぜ、裁定請求という異例の手続きに至ったのか──。2021年9月30日、ビジョンケアの高橋政代社長、内田・鮫島法律事務所の篠田淳郎弁護士が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)