PSS、新工場建設で試薬の生産体制を増強

 プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)は、2021年9月3日、2021年6月期通期の決算説明会を開催した。同社は、核酸抽出用の試薬の製造量を拡大させるため「大館試薬センター第二工場」の建設を開始し、2022年春の竣工を目指すことを報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)