筑波大発のS’UIMIN、睡眠と健康状態の相関を解析へ

 筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS:トリプルアイエス)の柳沢正史機構長が会長を務めるS’UIMIN(東京・渋谷、藤原正明社長)は、健康診断を提供する医療法人社団大地の会(及川孝光理事長)の健診施設であるKRD日本橋(東京・中央、田中岳史院長)と協業し、睡眠と心身の状態の関係を調査する疫学研究を開始する。解析対象となるデータを収集するために、2021年9月15日に100人の無料モニターの募集を開始した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)