パイオニアエコサイエンス、ゲノム編集トマト青果物を販売開始

 ゲノム編集技術を用いて日本で育種された農作物が初めて、商業化された。パイオニアエコサイエンス(東京・港)が2021年9月15日、ゲノム編集技術でγアミノ酪酸(GABA、ギャバ)を高含有にした「シシリアンルージュハイギャバ」の販売を、自社のオンラインショップにて開始した。





この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)