AGC、mRNA医薬の開発製造受託へドイツに設備新設、2023年に稼働へ

 AGCは、2021年9月14日、バイオ医薬品の医薬品開発製造受託(CDMO)事業を手掛ける子会社の米AGC Biologics社傘下の拠点において、mRNA医薬の開発製造受託サービスの提供体制を構築すると発表した。2023年中ごろの稼働を予定している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)