ペルセウス、真性多血症の患者に対する抗TfR抗体の第1相を開始

 ペルセウスプロテオミクスは、2021年9月14日、同社が自社開発している抗トランスフェリン受容体(TfR)抗体(開発番号:PPMX-T003)について、真性多血症の患者を対象とした第1相臨床試験を開始したと発表した。同社は、2021年5月31日に医薬品医療機器総合機構(PMDA)に治験届を提出。既に調査期間は終了し、今回治験実施施設の1つと契約を締結した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)