厚労省、ゲノム医療の実施組織「ゲノム医療支援センター・ジャパン」を設置へ

 政府のゲノム医療協議会(議長=和泉洋人・内閣総理大臣補佐官)は2021年9月3日、全ゲノム解析等実行計画の進捗状況について議論し、その中で新しく「ゲノム医療支援センター・ジャパン(仮称)」を創設することで合意した。全ゲノム解析によるゲノム医療を国が事業として実施するための組織で、ゲノム情報のデータセンターを管理する。また、各医療機関やシーケンス企業などとの契約主体となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)