米Illumina社と米Merck社、PARP阻害薬の患者選別にHRD遺伝子検査を開発へ

 米Illumina社と米Merck社は、2021年9月7日、相同組換え修復欠損(HRD)の遺伝子検査の開発と商業化に関する戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表した。ポリアデノシン5’二リン酸リボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬「リムパーザ」(オラパリブ)の投与対象となるHRD陽性の卵巣がん患者を効率的に検出するためのコンパニオン診断を開発し、Illumina社の包括的ゲノムプロファイリング「TruSight Oncology 500(TSO 500)」のコンテンツに加える方針だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)