PMDA、エクソソームを利用した治療用製剤で専門部会を設置

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は2021年8月、エクソソームを含む細胞外小胞(EV)を利用した治療用製剤に関する専門部会(部会長:京都大学大学院薬学研究科の高倉喜信教授)を立ち上げた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)